窪田正孝の人気の理由は性格?鍛えられた筋肉?有村架純との関係は?

7月から始まった、新ドラマ「デスノート」
漫画やアニメ、映画で大人気のこのドラマは、今夏のドラマの中で早くも話題になっています。

このドラマで主演を務めているのが、今若手実力派NO,1と言われている窪田正孝さんです。

窪田正孝 筋肉 有村架純

今回は、人気急上昇の窪田さんにスポットを当てます。

窪田さんを知れば知るほど、その魅力にはまるかもしれません。

 

人気の理由は謙虚な性格?隠された肉体の秘密とは?

窪田正孝さんは、1988年生まれの26歳、神奈川県出身で。

3人兄弟の末っ子です。

窪田さんを一躍有名にしたのは、NHKの朝の連続テレビ小説「花子とアン」の朝市役でしょうか?

花子を一途に思い続ける、誠実な幼なじみの青年役を見事好演しました。

ドラマを見た視聴者からは「朝市にも幸せになってほしい」という声がたくさん寄せられたそうです。

窪田さんは、かつて出演されたトーク番組「A-studio」で俳優になったきっかけを語っています。

ある雑誌で窪田さんの所属している事務所のオーディションがあり、お母さんがそのオーディションに応募をしたのがきっかけなのだそうです。

見事オーディションに合格しましたが、元々芸能界にはあまり興味がなかったそうです。

男三兄弟ということもあり、テレビで見る映画のアクションを見るのが好きだったそうです。

ここで紹介された1枚の写真。

中学校の組み立て体操で、立ち上がる二人の肩の上に立ち、腕を大きく広げている窪田さん。

驚くことに見事に腹筋が六つに割れています。

中学生にしてかなりの筋肉美です。

窪田さんは小学校の頃から、少年野球で地区の選抜で選ばれるほどのスポーツ少年だったそうです。

その頃からお父さんの血を引いたのか、筋肉質だったそうです。

中学にあがる頃には、野球を辞めてバスケットボールを始めた窪田さん。

地区の選抜で選ばれるほどの、野球の才能を持っていながらどうして?と思いますよね。

それは、1つ上のお兄さんを「窪田さん」と呼びたくなかったから。

すでに、中学で野球部の先輩として活躍しているお兄さんに、敬語を使いたくなかったんですね(笑)。

当時は、ひとつ上のお兄さんに対してライバル意識がすごくて、学校で会ったりするとすぐにけんかをしていたそうです。

窪田さんの控えめな印象からは想像できないハードなエピソードですね。

 

小さい頃は意外にやんちゃな性格だった?3度も経験した流血事件とは?

先日放送されたトーク番組「おしゃれイズム」で、さらに窪田三兄弟のエピソードが披露されました。

一番上のお兄さんは「窪田さんとの今まで一番大きなけんかは?」との質問に、「弟がお風呂場のガラスを蹴破り、自分に破片が突き刺さり、大げんかになった」とコメントしました。

窪田さんが小学校1年生の時に、朝シャンの順番をめぐりけんかになり、壁を蹴ったつもりがなぜかガラスに足を突っ込んでしまい、お兄さんの太ももにガラスが刺さってしまったそうです。

更に、2番目のお兄さんへの同じ質問の答えは「些細な口ゲンカから大げんかになり、ゲーム機と双眼鏡で弟の頭を殴ったら、血が噴き出してしまいました。飛び蹴りと合わせて3回大けがを負わせてしまいました。ゴメンネ」

さすがにMCのくりーむしちゅーの上田さんに「直接謝れ!」と突っ込まれていました(笑)。

窪田家のけんかには流血が欠かせないんですね。

だけど、窪田さんとお兄さんは、今は「親友」と思えるほど仲良しなのだそうです。

 

有村架純との関係は?窪田正孝の気になる恋愛事情

 

少し前にドラマでのキスシーンが話題になったことがありました。

このドラマは、日本テレビで放送された「永遠のぼくら」です。

今をときめく若手女優の有村架純さんや、人気俳優の東出昌大さん、山崎賢人さんなど、同世代の若者が繰り広げる青春群像劇でした。

このドラマの中で、窪田さんは有村架純さんとキスシーンを演じているのですが「かっこよすぎ!」と絶賛されています。

それは、窪田さんが有村さんの言葉を遮るようにキスをしたから。

たぶん、窪田さんのイメージだと「優しくそっと」という感じだったのでしょうね。
だけど、少し強引に頭を押さえながらのキスに、ドキドキした人も多かったのでしょう。

このキスシーンを見ると「プライベートでも2人は…」なんて勘ぐってしまいそうですが、つき合っているということはなく、ドラマの共演者という関係のようです。

だけど、この2人はとってもお似合いなので、本当に恋人同士だったらいいのにな~と少し残念な気もしますが…。

窪田正孝さんの恋愛事情は
>>演技力抜群!窪田正孝と彼女の多部未華子の結婚はあるのか?
こちらの記事で詳しく紹介していますよ!

 

まとめ

窪田さんは、今の若手俳優にはありがちな「ヒーローもの」出身ではなく、10年前から役者として地道に頑張ってきました。

その下積みの経験があるからこそ、浮ついた所がなく広い視野で周りを見ることができて、あの常に謙虚な姿勢につながっているのかもしれませんね。

おしゃれイズムでは、俳優になる前に働いていたガソリンスタンドの店員さんのモノマネをしていました。

びっくりしたのが、とても大きい声を出していたこと。

普段の窪田さんからは想像できないような力強さが見えました。

窪田さん曰く「このバイトのおかげで大きな声が出せるようになった」

色々な経験をして、これから役者としてひと回りもふた回りも大きくなってほしいですね!

Sponsored Link

 

 

iqlYdAAYQiaOCoKnT6jE_kabia
Comment





Comment