『ウナコーワ』CMの大沢ひかる。肩幅が注目される可愛い女優?

夏が近づくと、頻繁に流れる虫刺されの薬のCM。

もう夏の風物詩と言ってもいいですよね。

その中でも、ウナコーワはもう何十年も放送されている定番のCMです。

そして、印象的なあの水色の水滴のような2つのキャラクター。

「フーフー」「スースー」という、妖精の仲間同士なのだそうです。

ちなみに、もろこしヘッドの妖精は「もろこし君」

しっかりと、キャラ設定されていることに驚きました(笑)。

今回は、この妖精たち…ではなく(笑)、ウナコーワの新CMに出演している、大沢ひかるさんについて調べてみました。

ショートカットが似合う大沢さんは、
どんなプロフィールを持っているのでしょうか?

 

ジムで鍛えた肩幅が魅力?

大沢ひかる ウナコーワ CM 肩幅

大沢ひかるさんが出演しているウナコーワのCMは「効クール!」と絶叫するシーンが印象的です。

更に、ウナコーワを腕に塗る時に映る肩が、思いのほかたくましくて思わず目に留まります。

大沢さんのプロフィールを見ると、趣味は運動、特技はバスケットボールとありますから、体を動かすことが好きなのでしょうね。

そして、ニュースサイトのインタビューでスポーツジムに通っていると語っているので、たくましい肩幅はそこで鍛えられているのかもしれません。

ジムでは、見知らぬ人から「CMに出てますよね?」と声をかけられるそうです。

やっぱり、あのクリっとした可愛い目と、スポーツで鍛えられた引き締まった体がとても印象に残るのでしょうね。

 

活躍の場はCMだけじゃない?レポーターやあの人気アニメにも女優として挑戦!

大沢さんは、1995年生まれで現在20歳。
2010年にスカウトされて、翌年には早くも「プール・サイド・ストーリー」という舞台で初主演を務めました。

1年で舞台の主演って、すごい躍進ですよね。

それだけ、実力があったということなのでしょうね。

その後、ドラマや映画の出演を経て、現在は「王様のブランチ」のレポーターとしても活躍しています。

さらに、7月からはじまる夏の新ドラマ「デスノート」では諸水千智役、そして8月公開予定の大人気アニメの実写版「進撃の巨人」には、イブキ役で出演します。

進撃の巨人では、体当たりなアクションが見どころになると思いますから、スポーツが得意な大沢さんには適役といったところでしょうか?

大沢さんは、日本人のお父さんとフィリピン人のお母さんとの間に生まれたハーフなのだそうです。

整った顔立ちと、バランスのとれたスタイルは本当に素敵ですね。

 

まとめ

毎年、数多く生まれるCM

インパクトのあるCMは、何年経っても多くの人の記憶に残るものですよね。

果たして大沢さんの絶叫CMは、数年後も記憶に残るCMとなるでしょうか?

大沢さんのこれからの活躍とともに、気になるところですね!

Sponsored Link

 

 

iqlYdAAYQiaOCoKnT6jE_kabia
2015-06-29 | Posted in CM, 女性芸能人No Comments » 

Comment





Comment