ゴールデンボンバー歌広場淳のオネエ疑惑?彼女やすっぴん学歴は?

一見ビジュアル系バンドだけど、あれ?白塗りの歌舞伎みたいな人がいる!?よく見ると楽器弾いてない!?

・・・など、ツッコミどころ満載の“ゴールデンボンバー”

とはいえ“女々しくて”で紅白歌合戦に出場も果たし、もはや国民的バンドと言っても(きっと)過言ではないグループですよね。

ちなみに、最新シングル“死 ん だ 妻 に 似 て い る”“ボディースメルフレグランス(体臭付きカード)+CD”という形で販売。

そうです!CDではなく“フレグランス(雑貨)”として流通させているんです。
しかし、体臭付き・・・体のどの部分の臭いなのかが気になります。

さて今回は個性豊かすぎるメンバーの中でも“自分が一番目立たない”自虐ネタを披露することも多々ある
“歌広場淳”(ウタヒロバ ジュン)さんをあえて調べてみました。

歌広場淳 オネエ 緊縛

なかなかのイケメンですよね。

実は名門大卒の秀才

 

本名:高山 淳
パート:Be-su(ベース。このバンドでは正しい表記です)
誕生日:1985年8月30日
血液型:O型
身長:174cm
出身地:千葉県

ビジュアル系バンドの人というと、経歴などは謎だらけのイメージがありますが、歌広場さん場合は本名もバレていたりします。

そして、中学・高校時代から学業優秀だったようで、芸術学系の名門“日本大学藝術学部文芸学科”に進学。

ゴールデンボンバーの活動からは想像できない“文芸学科”とは・・・。

本当はどんな人なのか興味がますます湧きますよね。

イケメン大好きのオネエ?彼女は?

さて、対象の男性のことををより知ろうとするならなら、外せないのが女性の好み。

歌広場さんのブログのプロフィールを見てみると、しかし趣味として「イケメン鑑賞」の文字が・・・。

それを裏付けるかのように、ブログにはあらゆるイケメンの話題が登場します。

イケメンの中でも特に、嵐の松本潤さんが好きなようで、TVドラマ“失恋ショコラティエ”の放映時には、リアルタイムでツイート。

それがファンの間で大きな話題になったそうです。(そのツイートを松本さん本人も見ていたとのこと)

最近放送された“VS嵐”にゴールデンボンバーが出演した際には、松本さん本人に

「本当に好きです」

と、ガチ告白。

イケメン鑑賞どころか、イケメンが恋愛対象とも取れる行動ですよね。

さらに“今夜くらべてみました”では、ブログでスイーツを紹介したり、イチゴの香りがする自作ハンドクリームを持っていたり、マネージャーとお母さんと娘のように腕を組んで歩いたりと・・・

数々の証拠を元に「オネエ」疑惑が。

歌広場淳 オネエ 金爆
手の振り方も女の子っぽい?

 

そして、ついには、大好きな松本潤さんとのデート妄想を公開。

その様子はもはや“恋する乙女”。
(その妄想力がもしかすると“文芸学科”とつながるのかもしれません。)

本人は最後までオネエ疑惑を否定していましたが、番組中、女性2人と会話してみるもののイケメンの話でしか盛り上がらず、女性は苦手との発言も・・・。

とはいえ、実際は女性大好きなんでしょ、と思い、歌広場さんの彼女について調べてみましたが、行きつけのメイドカフェの店員だったというエリカちゃんが彼女では?との
かすかなウワサがあったぐらいで、今はまったく女性がらみの話題はないようです。

すっぴんは普通のおにいちゃん?

 

ビジュアル系バンドというと気になるのはその素顔ですが、それを公開する人はそうそういません。

が、さすがはただのビジュアル系バンドではないゴールデンボンバー。

メンバー全員がその素顔を明かしています。

気になる歌広場さんの素顔ですが・・・

歌広場淳 オネエ すっぴん
ん?なんか顔が薄い・・・

歌広場淳 オネエ 金爆 
同一人物です・・・

メイクの力、おそるべしですね。

すっぴんの歌広場さんは、ヘアスタイルを除けば、コンビニの店員にいそうな普通のおにいちゃん。

アイラインの重要性をひしひしと感じます・・・。

このビジュアル系メイクへのこだわりが、オネエ感を図らずもアップさせているのかもしれません・・・。

 

まとめ

ゴールデンボンバーのメンバーで、失礼ながら私の中でも印象の薄かった歌広場淳さんですが、
調べているうちに、とんでもなく濃いキャラの人だということがわかりました。

本人にそのつもりはないようですが、溢れ出すオネエ感に逆らわず“ビジュアル系オネエ”として、今後活躍するのもアリではないかと思います。

これからも女子力をアップしつつ、イケメンとの出会いを楽しんで欲しいものですね。

Sponsored Link

 

 

iqlYdAAYQiaOCoKnT6jE_kabia
2015-06-05 | Posted in 男性芸能人No Comments » 

Comment





Comment