優希美青の出身地が「山形県」⇒「福島県」に変更の理由は震災?

 国民的ドラマとなったNHKの『あまちゃん』その中で「宮城と言えば〜」「ずんだ、ずんだ〜」掛け声で登場する小野寺ちゃんを演じていたのが優希美青(ゆうき みお)さん。

最近ではNHKの朝ドラ『マッサン』にも養女・エマ役で出演するなど、今後の活躍が期待される女優さんです。

 

優希美青 出身

 優希さんの出身地は「福島県」となっていますが、確かデビューしたきっかけ『ホリプロタレントスカウトキャラバン』でグランプリを獲得した時には「山形県」出身だったような・・・

一体どういうカラクリだ??

と気になったので、ちょっと調べてみました!!

 

優希美青の出身地は福島県

これは間違いなく事実です。

本名:菅野莉奈さんは、福島県の南相馬市は石上第二小学校に通っていたんです。

2011年の3月11日に突然訪れた大地震。

小学校6年生だった優希さんは体育の授業中だったそうです。

東日本大震災によって南相馬市は、津波や原発事故による甚大な被害を受けました。

 

「山形県」⇒「福島県」に変更の理由は?

『ホリプロタレントスカウトキャラバン』応募した頃は震災の影響もあり福島県から山形県米沢市に避難をしていた優希さん。

当然応募した際の住所は山形県で、オーディションではその住所が出身地として扱われました。

そのためオーディションでグランプリを獲得した時のプロフィールでは

「山形県」出身となっていたわけです。

しかし、2013年4月ごろを堺に優希さんの出身地は「福島県」に変更されています。

恐らく、優希さん本人の強い希望があったのではないでしょうか?

事務所的には特に問題は無いでしょうから特例措置といった感じでしょうか。

この変更に対して彼女を叩きたい人からは

「出身地偽装」

「福島県出身を隠してた?」

「避難民のくせに山形県出身を勝手に名乗っていた」

 なんて、批判する声もあったようです。


命を守る選択を迫られる中で避難した彼女にとっては「山形県出身」を名乗ることは本望ではなかったでしょう。

地元に愛着があって、胸を張って「福島県出身」と言いたい!!

そんな思いが、この出身地の変更から伺えます。


オーディションの時には

「東北を元気にしたい」

という思いを語っており、福島県、そして東北に元気を届ける女優として活躍していってくれることを期待してます!!
 

震災を乗り越えて

 一時は山形県に避難をしていた優希さんですが、今は家族の支えもあり仕事のために東京で生活をしているそうです。

父親は福島県の実家に残り、母親と弟と一緒に生活をし、1歳違いの弟とはケンカもしょっちゅうするそうですがそのエピソードをブログで紹介するなど「喧嘩するほど仲がいい」微笑ましい姉弟なんですね。

離れて暮らしているお父さんも週末には上京して手料理を振る舞ってくれたり、母親とは話題のスイーツを食べに行ったりと、仲の良い家族で寂しい思いはほとんど無いようです。

 

まとめ

中学生の優希美青さん、学業と仕事の両立が難しいお年ごろですが、これからどんな活躍をしてくれるのか楽しみな女優さんですね!

 

Sponsored Link

 

 

iqlYdAAYQiaOCoKnT6jE_kabia
2015-02-27 | Posted in 女性芸能人No Comments » 

Comment





Comment